トップ

マンション売却後のトラブル

マンション売却後トラブル

マンション売却後のトラブルは

無事にマンションが売却できてほっと一息ついたのもつかの間、購入者からのクレームが入ることは少なくないことをご存知ですか?実は、マンション売却後にも売買に関するトラブルが発生することがあるのです。

>マンション売却のことならこちらのサイトが分かりやすくておすすめです。

トラブルの内容は、主に設備関係に関するものが多いようです。具体的には、水の出が悪いなどの給水設備のトラブルや、窓の開閉ができにくい、クローゼットの扉がガタガタいうというものまで、設備の数だけトラブルやクレームのパターンがあるものと想定しておいた方がよいでしょう。原則的にはマンション売却後の設備関係の不具合等の問題は、売主に責任はないことになっています。

しかし、買主は瑕疵担保責任を根拠にして、クレームを訴え、初期対応を誤ると訴訟などの深刻なトラブルにまで発展することもあるのです。実際にこの瑕疵担保責任を根拠として、「売却したものに隠れた瑕疵があった場合、売主に一定期間修繕や損害賠償する義務を負わせる」法律が適用されるといった判例が発生しています。もちろんこのようなトラブルを避けるためにも売主と仲介する不動産業者によって「隠れた瑕疵」がないように十分にチェックしたつもりでも、住み始めて初めて発覚するものもありますし、瑕疵というよりは不具合のレベルのものもあります。

しかし、購入者にとっては高い金額を出して買った物件に早くもトラブルが発生した事実は大きなショックを受けるものなのです。特に中古物件の場合は、飼い主側もトラブルのリスクが高いことを承知しているだけに、すべてのトラブルの責任が売主にあるように錯覚するようです。このような売主と買主双方に多大なストレスを生むトラブルを防止するためには、売却前に設備関係の動作チェックを厳重にしておくことが大切なのです。